• ホーム
  • 中古の一軒家はアリ?それともナシ?メリットとデメリットについて

中古の一軒家はアリ?それともナシ?メリットとデメリットについて

2019年12月06日

マイホームを購入するのは注文住宅か分譲建売住宅かの、違いがあるにせよ新築物件であることが日本では当然とされてきました。日本で主流になっている木造住宅の建て替え時期が概ね30年程度とされていることからしても、耐用年数に問題を抱えている中古物件を選択することにさほどのメリットを感じることも出来ないのが現実だったからです。しかし最近では一軒家についての、いわば新築信仰のような考え方は見直しを迫られており、中古物件に注目が集まり専門に取扱う不動産会社も登場するなど、市場も次第に活況を呈するようになっています。

また少子高齢化が進行していることに伴う特有の現象として、まだまだ居住に堪える物件が事実上所有者がみつからないまま放置される事象が増えていることも関係しています。それでは中古の一軒家は選ぶべきなのか、メリットとデメリットを検討してみましょう。

中古の一軒家の大きなメリットは価格が割安なことで、一般的に新築に比べると2割から5割程度安い価格で取引されることです。また立地条件の良好さに照らすと割安な価格で販売されていることが多いのも中古物件の人気の理由です。新築では駅近などの交通アクセスが良好な立地条件の場合は、購入を諦めるか、敷地や建物の間取りや設備などでかなり譲歩することが必要になります。この点、中古物件では建物の価値が減少するおかげで、立地条件が良い家を新築物件では想定できないような割安な価格で購入することも可能です。
そして中古住宅は割安な価格で購入して、リフォームやリノベーション費用に費やせば新築並みの良い条件の一軒家に仕上げることも夢ではありません。

しかしデメリットの部分があることも、十分に踏まえる必要があります。築年数が経過していると耐震性が現代の法令基準を満たさない可能性が高いことを指摘できます。現在の耐震基準は法律改正を重ねてことで、震災級の揺れにも倒壊しないような高い耐震性を確保しています。これから先安全な生活を送るためには、耐震性を高めるための工事を検討する必要が出てきます。

そして中古の一軒家では、いきおい修繕費が高い傾向にあるのは事実です。外壁や屋根材などは特に経年劣化することで知られており、雨漏りなどの不具合が発覚すると多額の修繕費を、購入後に負担しなければならないリスクを抱えています。

中古の一軒家は価格面や立地条件などでメリットが大きいですが、耐震性や修繕費などの問題点も抱えていることも念頭において購入の決断をするのが賢明です。

関連記事
意外と魅力的な平屋住宅の数々のメリットを紹介!

従来から新築住宅と言えば二階建て住宅が圧倒的な比率を占めていました。二階建て住宅であれば限られた底地面積の制約のなかでも、空間を有効利用することが可能になり、居住スペースを広くとれる点が高く評価されてきたポイントです。ところが最近では、二階建て住宅ではなくあえて平屋の住宅を建築する方が増加してきてい...

2019年10月31日
家を長持ちさせる秘訣を知っておけば快適でお得な生活ができる

一軒家は特段の修繕を行わなくても、少なくとも耐用年数は平均30年とされています。平均30年と言うのは木造住宅の建て替え時期の一つの目安とされており、木造では22年ほど・鉄骨造ではさらにながくなり27年ほどで鉄筋造は47年ほどとされています。一軒家でも採用されることの多い、木造や軽量鉄骨造や鉄筋造など...

2020年01月04日
持ち家はランニングコストの負担が大きい?どういったものが掛かってくるのか

賃貸物件では毎月の家賃と共益費のほか、入居時の敷金・礼金や地域によっては二年ごとに契約更新料を請求されることもあります。一軒家を購入すれば家賃などの支払いからは解放されますが、毎月の住宅ローンの返済のほか、色々なランニングコストが必要になってきます。持ち家を所有することには、賃貸物件とは異なる税金や...

2019年11月20日
家を建てるのに必要な予算相場と予算の考え方

家を建てるときに必要な費用を考えるときには、土地の取得費用・建物本体の建設費用、これらに付随する諸費用の3点から構成されることを抑えておくのがポイントです。一軒家を想定するとき、家を建てる費用というとお住まいの本体建設価格をイメージすることが多いですが、総額を正しく把握するには土地取得や様々な手続き...

2019年10月12日
ハウスメーカーの平均的な坪単価はいくら?安いところと高いところがあるのはなぜ?

一軒家を注文住宅で建築しようと思いたったら、各社のハウスメーカーのなかから施行する業者をさがす機会が多くなります。なかにはCMなどでおなじみのハウスメーカーも目にするはずですが、同じ広さの新築住宅でありながら、必要になる予算に大きな違いが出ることに気が付くことでしょう。目安にしている人が多いのは、各...

2019年09月24日
家を建ててから多くの人が後悔するポイントとは?

一軒家を建てるときには家族構成やそれに応じた間取りや、水回りなどの設備・家の向きや外壁材の種類やグレード、家を彩るエクステリアなど色々な要素を、予算とのかねあいで最適解を目指して納得のうえ施工するはずです。一軒家を建てるために綿密な準備を積み重ねているのに、いざ完成して入居してみろと想定外の事態が明...

2019年09月14日